ツアー新木場coast

さて、初めてのライブ記録を書く。めんどくさいので、ですます調は辞めます。それでは。
「初めてのライブ記録」と書いたけどライブに行ったのが初めてなのではなく、ブログを投稿するのが初めてって意味だからね。
____________________________________

2017年5月28日日曜日 新木場コースト
ネバーヤングビーチをゲストに対バン。
____________________________________

セトリ

人間
若者たち
駆け抜けて性春
大人全滅
べろちゅー

夢で逢えたら
ナイトライダー
エンジェルベイビー(新曲)
援助交際(アレンジ)
ベビベビ
新訳銀河鉄道の夜

僕たちは世界を変えることができない

アンコール

ぽあだむ
愛してるってゆってよね

______________________________________


その日は晴天だった。かなり暑かった。整番はキャパ3000ちょいで2000番代だった。
下手側の最前列で観てました。
人間から始まり、途中で下手側に移動した峯田氏はアコギをエレキに持ち替え、途中で若者たちに入る。私は若者たちで泣いた。
駆け抜けて青春をまさかやってくれると思ってなかったので感動しすぎた。もう一生やってくれないだろうなと思ってたから。最高だった。
新曲はあんまり期待してなかったんだけど疾走感が凄くてテンションあがった。初めて聴いたのに、凄くノれて。これ私に向けて?とか思った。タイムリー過ぎて。「どうして僕いつも1人なんだろう。」
夢で逢えたらはいつも通り1番ライブで聴くと最高な曲。ウォークマンに入っているけど、普段は殆ど聴かないのに。手を上げながら汗だくでノるのはエモかった。
まさか、まさかまさか援助交際をやるとは思ってなかったのでもう、なんだろう、言葉に出来なくて、信じられなかった。これ、自分のために歌ってくれてんじゃない?ってなった。そのくらい。でもアレンジはしないで欲しかった。変なサウンドでダンスミュージックにするのはやてて欲しかった。歌詞は若干変えてあり、あの娘のIDをゲットするためって言ってた。
この新木場公演が行われる1週間前のこと。イギリスのマンチェスターでアリアナグランデのライブ中に爆発テロが起こり、沢山の犠牲者が出てしまった。正直、そんなニュースを見たあとだったから、少しライブに行くのが怖かった。新訳銀河鉄道の夜の前かな。峯田氏が黙祷しましょうと言った。会場全体で黙祷。もうこんな悲しい事件は起こらないように。
そして新訳銀河鉄道の夜が始まる。一瞬、音がやんだ時に聞こえた、ライブハウス特有の、ザーッて雨の音みたいなのが聴こえる。幻想的だった。
新訳銀河鉄道の夜は本当に綺麗だった。星空。クラスに友達なんかいない、つまらなかった文化祭の帰りにどっぷり疲れて、電車で聴いてたのを思い出した。
光は今回のツアーでものすごく評判が良い。だけどごめんなさい。光をやってる時にはもう疲れきっちゃって、あんまり覚えてない。ああ、やらかした。新曲とか援助交際歌ったのとか、私のために歌ってくれたんじゃない?って本気で思ってしまった。そんなわけは絶対にないんだけどね。でも、少なくとも、銀杏だけではなく、他の音楽にも共通するが、歌手に対して受け手が、これは私のことを歌っているんじゃないか!と思うことは多いと思う。そう感じるからこそ、好きになるのではないか。
帰りに出待ちをして車越しだったけれど、峯田氏と握手をすることが出来た。いつか、お話してみたい。伝えたいこと、沢山あるよ。
今回の新木場、最高。
私は昔の銀杏のライブ映像を観て好きになり、昔のライブに憧れていた。だから最近の銀杏の活動には違和感しかないし、不満も多い。たまにイライラする。残念な気持ちを常に持っている。でも、ここ最近の銀杏のライブでは、今回が最高なのではないか。新木場コーストから駅まで全力疾走した。生きてて良かったと思った。
今年最高の思い出になるなこれは。