polysics×銀杏対バン

______________________________________

 

polysics×銀杏対バン。

2017.7/9 (日)

渋谷クラブクアトロ

16:15会場   17:00開演

 

____________________________________

 

銀杏セトリ 弾き語り

 

人間

若者たち

なんとなく僕たちは大人になるんだ

援助交際

エンジェルベイビー

ベビベビ

新訳銀河鉄道の夜

ぽあだむ

 

アンコール

polysics×銀杏

あいどんわなだいフォーエバー

 

_________________________________

 

とても暑い日だった。整番はキャパ800で230番だった。まずまずの整番。ステージから見て左側の段差で観れた。凄くよく見えた。場所は最高。

 

銀杏が先行。弾き語り体制だったから暴れないし、段差の一列目のかなり良い位置で観れた。凄い迫力。polysicsがメインだったので、出番は1時間ほどしかなかったけど、それでも鳥肌が収まらなかった。なんだか峯田氏、とても楽しそうにしてた。沢山喋ってた。私は峯田氏が楽しそうにしてるのを見るだけで幸せだよ。なんだかそれだけで涙が出たよ。

「今年は、10年間溜まった、綺麗な言葉で言ったらマグマ、汚く言ったらザーメンのような物を吐き出す」って言ってた。何が起こるんだろう。少し不安でもあり、楽しみでもあり。
銀杏の出番が終わり、ポリが出てくる。

対バン相手のポリ、凄く楽しかった。最初登場したとき、何!?なんだこれは!?ってなった。ピコピコ音楽、ゲーム音みたいなサウンドにヴィジュアル系ばりの重い重低音響かせてて凄く楽しかったしモッシュが凄すぎる。客との一体感は圧巻だ。銀杏弾き語りだからって余裕こいて前行かなくてよかった。ポリでモッシュにやられて死にかけるところだったよ。
ポリのアンコールで、峯田氏が登場。ポリのハヤシ氏と熱く抱き合う。観客からは大きな拍手が。そして峯田氏が「あいどんわなだいフォーエバーーー!!!!」と叫ぶとあいどんわなだいフォーエバーが始まった。観客の熱が凄い。私は普段、背も低いしモッシュゾーンにいると背の高い人に囲まれて酸素が回ってこなくなり酸欠で倒れそうになるのでモッシュゾーンは避けている。だがアンコールで峯田氏が出てきた時、流石に耐えきれなくてモッシュゾーンに突っ込んでっ行っちゃったよ。楽しすぎた。

ライブが終わり、物販でpolysicsのラババンを買った。

その後、出待ちをして、スタッフがどんどん機材を運んでいく。新任のスタッフだったのか、私の目の前で大事な機材とギターをガッシャーンってぶちまけてた。ありゃりゃ。

1時間ほど待つと峯田氏が出て来た。急いでるらしく、ファンに囲まれても、「今日はちょっと…!ごめんなさい!!」と申し訳なさそうに笑顔で去って行った。ファンへの優しい対応も好感度が高いなあ。

そんなこんなで、渋谷クアトロでした。

 

飲み終わったペットボトル、武道館のフライヤー、polysicsのラババン。

 

f:id:kirokuever:20170712141945j:image

 

広告を非表示にする

ツアー新木場coast

さて、初めてのライブ記録を書く。めんどくさいので、ですます調は辞めます。それでは。
「初めてのライブ記録」と書いたけどライブに行ったのが初めてなのではなく、ブログを投稿するのが初めてって意味だからね。
____________________________________

2017年5月28日日曜日 新木場コースト
ネバーヤングビーチをゲストに対バン。
____________________________________

セトリ

人間
若者たち
駆け抜けて性春
大人全滅
べろちゅー

夢で逢えたら
ナイトライダー
エンジェルベイビー(新曲)
援助交際(アレンジ)
ベビベビ
新訳銀河鉄道の夜

僕たちは世界を変えることができない

アンコール

ぽあだむ
愛してるってゆってよね

______________________________________


その日は晴天だった。かなり暑かった。整番はキャパ3000ちょいで2000番代だった。
下手側の最前列で観てました。
人間から始まり、途中で下手側に移動した峯田氏はアコギをエレキに持ち替え、途中で若者たちに入る。私は若者たちで泣いた。
駆け抜けて青春をまさかやってくれると思ってなかったので感動しすぎた。もう一生やってくれないだろうなと思ってたから。最高だった。
新曲はあんまり期待してなかったんだけど疾走感が凄くてテンションあがった。初めて聴いたのに、凄くノれて。これ私に向けて?とか思った。タイムリー過ぎて。「どうして僕いつも1人なんだろう。」
夢で逢えたらはいつも通り1番ライブで聴くと最高な曲。ウォークマンに入っているけど、普段は殆ど聴かないのに。手を上げながら汗だくでノるのはエモかった。
まさか、まさかまさか援助交際をやるとは思ってなかったのでもう、なんだろう、言葉に出来なくて、信じられなかった。これ、自分のために歌ってくれてんじゃない?ってなった。そのくらい。でもアレンジはしないで欲しかった。変なサウンドでダンスミュージックにするのはやてて欲しかった。歌詞は若干変えてあり、あの娘のIDをゲットするためって言ってた。
この新木場公演が行われる1週間前のこと。イギリスのマンチェスターでアリアナグランデのライブ中に爆発テロが起こり、沢山の犠牲者が出てしまった。正直、そんなニュースを見たあとだったから、少しライブに行くのが怖かった。新訳銀河鉄道の夜の前かな。峯田氏が黙祷しましょうと言った。会場全体で黙祷。もうこんな悲しい事件は起こらないように。
そして新訳銀河鉄道の夜が始まる。一瞬、音がやんだ時に聞こえた、ライブハウス特有の、ザーッて雨の音みたいなのが聴こえる。幻想的だった。
新訳銀河鉄道の夜は本当に綺麗だった。星空。クラスに友達なんかいない、つまらなかった文化祭の帰りにどっぷり疲れて、電車で聴いてたのを思い出した。
光は今回のツアーでものすごく評判が良い。だけどごめんなさい。光をやってる時にはもう疲れきっちゃって、あんまり覚えてない。ああ、やらかした。新曲とか援助交際歌ったのとか、私のために歌ってくれたんじゃない?って本気で思ってしまった。そんなわけは絶対にないんだけどね。でも、少なくとも、銀杏だけではなく、他の音楽にも共通するが、歌手に対して受け手が、これは私のことを歌っているんじゃないか!と思うことは多いと思う。そう感じるからこそ、好きになるのではないか。
帰りに出待ちをして車越しだったけれど、峯田氏と握手をすることが出来た。いつか、お話してみたい。伝えたいこと、沢山あるよ。
今回の新木場、最高。
私は昔の銀杏のライブ映像を観て好きになり、昔のライブに憧れていた。だから最近の銀杏の活動には違和感しかないし、不満も多い。たまにイライラする。残念な気持ちを常に持っている。でも、ここ最近の銀杏のライブでは、今回が最高なのではないか。新木場コーストから駅まで全力疾走した。生きてて良かったと思った。
今年最高の思い出になるなこれは。

 

広告を非表示にする

ありがとう

 

例外なく、私は人とコミュニケーションを取るのが苦手。そして誰もが軽々と出来ることが、全く出来ない。人並みにすらなれない。努力してるのに。それでね、辛いこと、悲しいこと、何か考えたこと、それを峯田氏のインスタのDMによく送ってしまう。かなりの長文で。冷静に考えると、何で私は大好きな人間に、それも有名人に、何でこんな愚痴みたいな物を夜な夜な、送ってるんだろうってなる。申し訳無さすぎる。

それでも、大好きな人に話を聞いてもらうと安心するってあるじゃない。それと同じ原理なんだろうね、送ることで安心する。完全に自己満足の世界です。

それに、送ると絶対に既読をつけてくれる。その「既読」の、そのたった2文字で私は命を繋ぎとめてるようなもの。本当に申し訳無い話なんですけれどね。

その日も、それでいつものように昼頃に長文を送ってしまった。しかもその日は凄く駄目駄目な気持ちで、病んでるのを送ってしまった。あの日は相当辛かった。その日の夜、スマホの通知を見たら、インスタの通知が来てた。峯田氏が画像を投稿すると通知が来るように設定してたので、またいつものように投稿したのね、って思った。でも、何か通知が違う。よく見たら私のIDも書いてある。そう、私の送ったDMに返信が来てたの。返信なんか来るとは1ミリも思ってなかったから、良い意味でパニックになり、酸欠になり、どうしようどうしようって混乱したよ。それから30分くらい、落ち着くまでDMを開けなかった。やっと落ち着いてDMを開く。結構長文でお返事してくれてた。返信の内容は書けないけど、やっぱり私のために返信を書いてくれたのだから、誰にも見せたくない、大切にしたいってね。だからTwitterやってるけど、誰にも言わなかった。

それで、返信してくれた内容を読む。泣いた。それは、ああいう青春時代のモヤモヤした衝動を歌にしてきた人から貰った言葉は、親やその辺の大人達から言われるよりも何百倍も説得力があって、心に深々と刺さった。その後に聴いたトラッシュは言葉に出来ないくらいで、私を包んだ。涙が止まらなかった。音楽って凄いなって改めて思った。峯田氏も私と同じくらいの歳の時、おんなじ気持ちだったのかなあって。その夜は、よく眠れた。誰かに受け入れて貰えた気がして、安心感に包まれてた。

その次の日、学校の帰りにセブンイレブンでDM画面のスクショをプリントアウトしてきた。そして部屋の壁に貼った。

ありがとう。とにかくそれしか伝えられなかった。本当にありがとう。

広告を非表示にする

ブログを書こうと思ったきっかけ

始めまして、こんにちは。この度ブログを書こうと開設しました。使い方がよくまだ分かりません。

さて、なぜブログを書こうと思ったのか。

私は銀杏BOYZが好きです。もっと早くファンになればよかった。全盛期の銀杏を生で観たかった。YouTubeにある2004年〜2008年のライブ映像を何回も観て、憧れて。本当に、あの時の銀杏をリアルタイムで、生で観れたファンの人達が羨ましくて羨ましくて。そんな時、たまたま見つけたブログ、もう10年以上も前の、2005年くらいのアメブロ、もうその筆者もとうにブログを辞めちゃって、放置されてるような、そんなブログをたまに見つけます。それを読んで、当時のことを思い浮かべるんです。ああ、こんな空気だったんだ、とか。もう書いた人は書いたことすら忘れてるかもしれない。だけどそのブログはネットの海の中に永遠に放置されていて、忘れ去られた頃に、新しいファンによって読まれる。素敵じゃないですか。だから、私も書こうと思いました。10年後くらいにこのブログをたまたま見つけて、誰かが読んでくれることを願います。